IP-guardの読み取り専用暗号化モードは様々な電子ファイルに対応、強力な暗号化保護機能を提供します。クライアントは許可された環境にて読み取り制限の方式でファイルを開けます。<コピー、印刷、すくリンーショットなどの操作が実行でません。より効果的に重要な情報の不正漏洩を防げます。


特長

広い範囲のフォーマットをサポート

  • 暗号化のサポートとして様々なアプリケーションソフトウェアを無償で提供。
  • 新しいソフトウェアを短時間でアクセスリストに追加。

フレキシブルな権限設定

  • 権限の設定はシンプル、フレキシブルに対応。

コストが安い

  • 職務によって、一部の従業員のみの読み取りアクセスが可能、簡単に暗号化環境を構築。

機能

読み取り専用モード

  • クライアントが正常に機密文書の内容を閲覧できます。部門間の関係者の通信に適用する。しかし編集することはできません。

完全な権限管理構造

  • 各ユーザーの職務のニーズに応じて、個々のファイルの使用権限を設定することができる。厳密に情報保護範囲を制御します。
  • 暗号化されたファイルの復号化は管理者に申請を提出、アプリケーションの受領後、システムは自動的に提示、管理者が不在の場合、事前に設定した代行者が審査をする。

オフライン保護

  • 出張や長期的なオフラインのスタッフのためにオフラインの時間を設定、暗号化されたファイルのセキュリティを保護するために、そのファイルの使用権限を調整します。
  • オフライン期間を延長したいクライアントは、管理者に申請を提出しなければならない。
  • 一時的オフラインは申請を提出、ライセンスファイルのインポートによるオフラインポリシーの起動ができる。

複数のバックアップ•メカニズム

  • IP-guardのプライマリサーバが故障した場合、暗号化システムの動作を中断することなくスタンドバイサーバはすぐ切り替わり運用を再開。
  • 自ら災害回復時間の設定ができます。ネットワークが不安定やオフラインの状態でも暗号化システムは一定の時間内で継続動作が可能。
  • 平文バックアップサーバを構築することにより、暗号化されたファイルが平文としてバックアップされ、エラーが発生しても大切なファイルを守れます。