IP-guard V3

情報セキュリティエンドポイント管理システム


IP-guard V3情報セキュリティエンドポイント管理システムはPC操作の記録、制御、統計など同時に実行できます。コンピュータや周辺設備を含む、全ての動作を把握、企業各種の資料を有効に保護、知的財産や重要資料の漏洩を回避するすることができます。尚、従業員コンピュータとインターネットの使用状況を把握、迅速かつ効果的なタイムリー警報システムにより、PCの不正使用を防止、作業効率を改善することが出来ます。

IP-guard V3は14個のモジュールで構成され、コンピュータ操作の記録、制御及びIT資産管理三つのカテゴリーに分かれてます。企業は必要な機能や予算に合わせて必要な機能だけを採用することが可能です。

IP-guard V3はIP-GuardV+全方位ドキュメント暗号化システムと簡単に統合することができ、同じクライアントエージェントを利用、エンドポイントの安全を強化します。インストールや管理するのも便利、効果的、システムの負担を軽減します。