PCトラブルやシステム不具合発生時、トラブルの診断や復旧は一苦労です。管理者に手間や時間などの大変な負担をかけると共に、業務へ影響を与えることとなりかねません。

IP-guard「リモートメンテナンス」は、リアルタイムに不具合の原因調査・解析を速やかに行い、リモート操作でトラブルなどを解決するなど、システム管理者の負担を大幅に軽減し、システムのスムーズな稼動を実現します。

この機能を動画で見る

機能・特長

リモートメンテナンス

リモートホストの情報と稼動状況(プロセス、システムサービスなど)を参照でき、また異常が起こるプロセスを強制的に終了、サービスの起動/停止、共有設定の解除などが可能です。

リモートコントロール

クライアントPCに接続して、手元のPCから相手側のPCを直接操作できるので、リモートアシスタンスや操作ガイドを行うことが可能です。

リモートファイル転送

簡単な操作でクライアントPCとコンソールPC間のファイル転送ができ、ファイルの更新やトラブル発生時のデータ収集など様々な場合で役立ちます。