現在安価なリムーバブルデバイス(USBメモリ、SDカード、MO等)、Bluetoothや赤外線、Wi-Fiなど様々なインタフェース、外部デバイスの普及により、利便性が増す一方で情報漏えいの可能性が増大しております。

IP-guard「デバイス制御」は、クライアントPCの周辺機器の使用を制限することで、デバイス運用時における情報漏えいリスクを大幅に軽減し、セキュアなデバイス使用を実現します。

この機能を動画で見る


特長

細分類・広範囲

外部デバイスをきめ細かく分類し、広い制御範囲をカバーすることで、PCの外部デバイスのセキュアな使用を最大限に確保します。

新しいデバイスの追加を禁止可能

すべての新しいデバイスの追加を禁止することができます。

機能

使用権限管理

各種類デバイスの使用権限が設定可能です。PC、ユーザーまたはグループごとに使用権利を柔軟に与えることができます。

デバイス制御

設定した使用権限に従い、指定したデバイスの使用を禁止することができます。

制御可能なデバイス種類

通信インターフェイス

  • シリアル/パラレルポート
  • SCSI
  • 1394
  • Bluetooth
  • ネットワークディスク
  • 赤外線ポート
  • モデム
  • USBtoUSBケーブル
  • など

USBデバイス

  • USBキーボード
  • USBマウス
  • USBモデム
  • USBメモリ
  • USBハードディスク
  • USB光学ドライブ
  • など

記憶装置

  • FD
  • CD-ROM
  • 書き込みデバイス
  • テープ装置
  • 外部記憶デバイス
  • USB光学ドライブ
  • など

ネットワークデバイス

  • 無線/仮想LANカード
  • PnPカード
  • など

その他のデバイス

  • サウンドデバイス
  • 仮想CD-ROM
  • すべての新しいデバイスの追加